nano universe

NEWS
ニュース
TOP > ニュース
2019.7.25

「TOM FORD」&「CELINE」POP UP SHOP

東京店限定、〈TOM FORD〉&〈CELINE〉の
アイウェアPOP UP SHOP開催

sunglasses_news
sunglasses_news_2
sunglasses_news_3


夏ファッションの必須アイテム、サングラスのPOP UP SHOPを東京店限定で開催中。
洗練された斬新なデザインを得意とする「TOM FORD(トムフォード)」と、上品でファッション感度の高いブランド「CELINE(セリーヌ)」をバリエーション豊富にラインナップ。
この機会をお見逃しなく!皆様のご来店を心よりお待ちしております。


開催期間

2019年7月26日(金)〜2019年8月18日(日)


開催店舗


<関東>
東京店


TOM FORD / トムフォード

TOM FORD トムフォードの魅力はグッチ、イヴサンローランのデザインを復活、確立させた類い稀な感性から生まれる洗練されたアイウエアです。
2005年に自らのブランドを立ち上げ、同年末にアイウェアコレクションも発表。代表的なスタイルでもあるXブリッジデザイン、レンズとフロントサイドに隙間をあけたデザイン(カッタウェイレンズ)などの斬新なデザインやアイウエア コレクションのアイコンである「T型」の飾りはブランドを強調する洗練されたディテールとして人気があります。今やトムフォードのアイウエアは海外セレブリティー、ハリウッドスターなど世界中のファッション・ピープル達に絶大な支持を得ています。

CELINE / セリーヌ

1945年、第二次世界大戦が終戦を迎えたばかりの頃、セリーヌ・ヴィピアナは30歳を前にして、自らの名前を冠したブランドを立ち上げました。
セリーヌは子供向けのメイド トゥ メジャーのシューズブランドとして始まりました。やがて彼女のブティックはパリ全体にひろがり、すぐに著名な顧客の子どもたちのために「オートクチュール」シューズを手がけるようになると、その成功が後押しとなって女性向けのブランドとしてそのビジネスを拡大します。1960年代には初のレザーグッズおよびアクセサリーラインを発表。その後、1968年に「スポーツウェア」コレクションをデザインしたのは自然な流れだったといえるでしょう。この頃からセリーヌは、ブランドの柱として、サヴォアフェール(匠の技)と最高品質の素材を融合するという考えを打ち出すようになり、パリジャン・シックを象徴するブランドとなりました。
現在、その精神は、パリのヴィヴィエンヌ通り16番地にあるアトリエを通じて、アーティスティック、クリエイティブ、イメージ・ディレクターのエディ・スリマンによってより確かなものになっています。レディ・トゥ・ウェアやアクセサリーを組み合わせた彼の「オートクチュール」デザインには、セリーヌのワードローブにおけるフランスの手仕事の細やかな可能性が感じられます。ブランドの歴史と精神を称え、1971年からセリーヌのシンボルであった「トリオンフ」モノグラムが復活しました。